【ⅳ】日本的な美の色使い 

HOME > 日本的な美の色使い

日本は諸外国からさまざまな文化を学び、いろいろな技術を取り入れそれを改良・発展させることで世界有数の技術大国となりました。
 
しかし、われわれは未来を担う子供たちに日本的な「美」の根底にある「和の趣」を伝える必要があると考え、あえて子供が好む色合いではなく日本の「美」の根底にある日本の四季折々の色をカルタに用いています。
すなわち、カルタ自体の色合いへのこだわりとして、四季折々の桜(春)、あじさい(梅雨時)、あじさい(夏)などの花の色合いを採用しています。
 
お子さん向けの玩具といいますと原色を用いたわかりやすい色を採用した玩具がほとんどですが、この点でも従来の玩具とは趣を異にしています。
 
とともに、カルタの紙質にもこだわりを持ち、日本的な和紙に近い和風の紙を採用しています。

【ⅰ】楽しみながら人格形成・性格形成

 子どもの頃にこそ育成すべきは人格形成・性格形成と考えます
*徹底したこだわり【1】はこちらから→
 

【ⅱ】いかに読書につなげるか

 現代の子どもたちに欠けているのは読書の習慣であると考えます
 *徹底したこだわり【2】はこちらから→
 

【ⅲ】親子・世代間コミュニケーション

 現代の家族に必要なのは、親子間のコミュニケーションおよび異なる世代間のコミュニケーションと考えます。
 *徹底したこだわり【3】はこちらから→
 

【ⅴ】安心安全であること

 遊んでいて心地いいこと、安心安全であることが最重要と考えます
*徹底したこだわり【5】はこちらから→